紫外線で肌が赤くなる人と黒くなる人の違い

.紫外線で肌が赤くなる人と黒くなる人の違い

紫外線で肌が赤くなる人と黒くなる人の違い

紫外線を浴びて日焼けをした時、肌が赤くなってしまう人と黒くなってしまう人がいます。なぜ同じ日焼けをしてもこのように違いが出てしまうのでしょうか?

 

実は日焼けには2つの種類があり、この種類の違いによって赤くなってしまうのか黒くなってしまうのかが変わります。

 

肌が赤くなっている状態のことをサンバーンと呼んでおり、紫外線を浴びてから数時間から2日ほどでこの状態になるとされています。この時に肌を触ると痛みを感じたり、場合によっては水ぶくれができてしまうこともあります。そしてしばらく経つと肌が黒く変化していきます。

 

肌が黒くなった状態のことをサンタンと呼んでいます。紫外線を浴びてから2日から1週間ほどでこのサンタンの状態になり、日焼けすることによってメラニン色素という細胞が作られ、このメラニン色素が肌に沈着することで黒くなっていきます。このメラニン色素はシミの原因ともなりますので、女性にとっては大敵であると言えます。

 

メラニン色素を作り出す能力というのは遺伝によって決まり、人それぞれで全く違います。メラニン色素を作り出す能力が高い人というのは日焼けをした時に肌が黒くなりやすいということになり、逆にメラニン色素を作り出す能力が低い人というのは日焼けをしても肌が赤くなるだけで黒くはなりません。

 

紫外線を浴びた時に肌が赤くなってしまう人と黒くなってしまう人がいるのはメラニン色素を作り出す能力が高いか低いかということが原因となっています。