紫外線A波とB波とC波の違い知ってますか?

紫外線A波とB波とC波の違い知ってますか?

紫外線A波とB波とC波の違い知ってますか?

紫外線と一言で言っても実はA波、B波、C波の3種類があります。これらの違いを知っておくというのはシミ対策や美白をするうえでとても重要です。

 

まず、A波というのは人間の肌の奥まで浸透し、コラーゲンを破壊してしわやたるみといった老化現象の原因となります。このA波はガラスなどを通り抜けて肌に浸透していきますのでたとえ屋内にいる場合でも日焼け止めを塗るなどの対策をしなければいけません。

 

B波は肌を赤くし、炎症を引き起こします。日焼けをすると肌が赤くなるのはこれが原因です。

 

また、肌に炎症を起こすだけでなくメラニン色素を増加させシミやそばかすの原因にもなります。

 

人間の肌まで届くB波の量というのはとても少ないのですが、効果はA波よりも高く、その有毒性はA波の1000倍近くとも言われています。B波対策としては、やはり効果の高い日焼け止めを使用するということになります。

 

最後にC波です。

 

本来C波というのはオゾン層によってブロックされ人間の肌に届くということはまずありませんでした。しかし、環境汚染などによってオゾン層が破壊されるようになりC波も人間の肌に届くようになってきたと考えられています。

 

C波はB波と同様にシミやそばかすの原因になったり、皮膚がんを引き起こす原因となったりします。A波やB波ほどの影響はないと考えられますが、この先オゾン層がさらに破壊されていけばその影響力は強まっていくでしょう。

 

紫外線のそれぞれの違いを把握し、有効な対策をとることが大切です。