イボコロリでシミが取れる!?

イボコロリでシミが取れる!?

イボコロリでシミが取れる!?

イボコロリといえばその名の通りイボを取るためのものなのですが、実はシミをとることもできると言われています。しかし、これは本当なのでしょうか?

 

そもそも、イボコロリを使うとなぜイボが取れるのかというとイボコロリにはサリチル酸という成分が含まれているからです。

 

このサリチル酸は皮膚を柔らかくして剥がれやすくするという働きがあり、その結果イボを取ることができるという仕組みになっています。サリチル酸はアメリカなどではイボだけではなくシミを取るためにも使用されている成分でイボと同様にシミも取ることができるとされています。

 

シミを取る場合でも使い方は同じで、シミがある部分にイボコロリを塗っていきます。しばらくすると白い膜ができてきますのでこの白い膜をめくっていきます。シミがある部分が白っぽくなっていればシミが取れたと考えることができます。

 

その後は保湿やUVケアをしっかりと行って肌を保護してあげることも大切です。一週間ほどすればかさぶたのようなものができてくるはずですので、無理に剥がさずにそのまま放置しておきます。

 

かさぶたが自然に取れる頃にはシミも改善されているでしょう。効果が十分ではないと感じた場合は、1ヶ月ほど期間を空けてから再度イボコロリを使用してみてください。

 

ただし、イボコロリを使用したことによって色素がより沈着してしまい、前よりもシミが悪化してしまったという声もあります。

 

イボコロリは本来イボを取るためのもので、シミを取るために作られたものではありません。本来の使用法とは違うということをしっかりと認識したうえで使用する必要があるとも言えます。

 

美白ケアのウソ・ホント 正しい美白ケアで白い肌を目指す