肌荒れしない日焼け止めとは

肌荒れしない日焼け止めとは

肌荒れしない日焼け止めとは

日焼け止めを選ぶ時というのはどうしても効果の高さを気にしてしまいます。確かに日焼けを防止するためには効果の高さも重要です。しかし、効果の高い日焼け止めには肌荒れを招くリスクもあるということをしっかりと認識しておかなければなりません。

 

では、肌荒れになりにくい日焼け止めとはどういうものなのでしょうか?

 

日焼け止めにはPAやSPFといった成分が含まれており、この成分の働きによって日焼けを防止することが可能になっています。

 

これらが多く含まれているほど日焼け防止に高い効果を発揮するということになるわけですが、その分肌荒れのリスクも高まってしまいます。日焼け止めは時と場合によって使い分けることが重要なのです。

 

たとえば、近所を散歩するだけ、ちょっと買い物に行くだけということであれば紫外線を浴びる量も少ないということになります。

 

こうした場合にはPAやSPFの数値が高い日焼け止めを使う必要はありません。肌荒れのリスクを抑えられるように数値に低い日焼け止めで十分と言えます。

 

逆に、海水浴に行ったり山登りをするなど長時間紫外線を浴びることになるのであればPAやSPFの数値が高い日焼け止めを使ってしっかりと日焼け止め対策をすることが大切になります。

 

ただし、紫外線に過敏に反応してしまいすぐに日焼けしてしまうという方の場合は少し効果の高い日焼け止めを使うことも必要になってきます。目的や自分の肌の状態に合わせて日焼け止めを使い分ける、これが肌荒れを防ぐ効果的な方法です。