若い頃はシミにならないのに30歳を過ぎるとシミができるのは?

10.若い頃はシミにならないのに30歳を過ぎるとシミができるのは?

若い頃はシミにならないのに30歳を過ぎるとシミができるのは?

若いころはシミなんてできなかったのに、30歳を過ぎたあたりから急にシミが目立つようになった、と感じている方も多いと思います。これはいったい何が原因なのでしょうか?

 

シミの最大の原因というのはメラニン色素の存在です。本来、メラニン色素は紫外線から肌を守る役割を持っているとても大切なものです。メラニン色素によって紫外線をブロックすることで肌へのダメージを防ぐことができます。

 

こうした役割を果たしたメラニン色素というのは自然と体の外へと排出されるのですが、年齢の増加によって新陳代謝が低下してくるとメラニン色素が体の外へと排出されずに肌に蓄積されるようになってしまいます。

 

メラニン色素は黒褐色ですから、これが肌に蓄積することによって黒いシミができてしまうというわけです。つまり、若い頃にはなかったシミがある時期から急に目立つようになってしまうのは新陳代謝の低下が原因であると考えられます。

 

年齢の増加による新陳代謝の低下はどうしようもありませんが、新陳代謝が低下する理由は他にもストレスやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、偏った食生活などがあります。こうした理由は対策をとることが可能ですので、できるだけ新陳代謝を活発にさせることが重要になります。

 

綺麗な肌を保つためには美白ケアを行っていればよいというわけではありません。自身の生活を見なおして規則正しい生活を送るということも大切なポイントになります。そうすればシミができるのを最小限に抑えることができるでしょう。

 

美白ケアのウソホント