美白ケア

日焼けした肌を元の白い肌に戻すには?

美白ケア

夏のような日差しの強い時期などは、どんなに対策をしていても日焼けしてしまうことがあります。では、日焼けによって黒くなってしまった肌を白く戻すためにはどうすればよいのでしょうか?

 

まず、日焼けをした直後で肌が赤くなっている場合ですが、これは紫外線によって肌が焼けている状態で火傷と同じものであると考えることができます。
そのため対処法もほぼ火傷と同じでとにかく冷やして炎症を抑えてあげることが重要になってきます。

 

また、人間の体は炎症を抑えるために汗をかきやすくなるという特徴を持っています。日焼けをするとそれだけ多く汗をかくことになり、体内の水分が汗としていつも以上に出ていってしまいます。すると水分不足になりやすくなってしまいますので、十分な水分補給をしながら肌の保湿も行うということがポイントになってきます。日焼けをしてしまったと感じたら、保湿と水分補給を徹底しましょう。

 

日焼けで肌が黒くなってしまった状態というのは体の中のメラニン色素が体の外に排出されずに沈着してしまった状態です。一般的にこの状態は肌が赤くなってからしばらく経つと現れる症状で上記で紹介したような対処法は効果がありません。黒くなってしまった場合にはメラニン色素を取り除くことが重要になってくるのですが、これには活発な新陳代謝が欠かせません。新陳代謝を促すようにすると同時に、美白ケアをしっかりと行っていきましょう。そうすることで日焼けで黒くなってしまった肌を素早く白い肌へと戻すことができます。

 

■こちらで日焼けして増えてしまったメラニン色素を白く戻す美白ができる噂のスキンケアを紹介しています。

美白クリーム 人気ランキング

 

 

美白スキンケアを紹介しているサイトにも詳しく書かれていますが、肌にできてしまったメラニンはそのまま残ってシミになってしまう可能性があります。
そうならないように、紫外線を浴びた際にできるメラニンを還元作用で白い元の状態に戻す成分や、メラニン色素を作ることを抑制する成分が入ったスキンケアを行うとシミ予防することが可能です。

 

そのメラニン対策に有効な成分は、美白成分としてもポピュラーなビタミンCです。

 

ビタミンCは化粧品メーカーによっても種類がいくつかあり、なるべくお肌に浸透させることができるように独自の開発を行っています。
ビタミンC誘導体、APPS、VC200など浸透力が高いビタミンC誘導体がよくつかわれています。

 

 

できてしまったシミに対しては、ビタミンCなどでこれからできるメラニンを抑制しつつ、直接メラニンを白くする成分「ハイドロキノン」がとても有効です。
ハイドロキノンはお肌の漂白剤と表現されるほど、美白効果の高い成分ですが、やや刺激が強いため肌が非常に弱い方は少量を使ってみて、肌にかゆみや赤みがでないか?などを確認してから使用すると良いでしょう。

 

ハイドロキノンは多少刺激があるとはいっても、シミを消す成分としての効果はとても高いので、目立つシミが消せるのであれば一時的に部分的に使用するなど工夫して使用することでメリットは多いです。

 

肌の弱い方は無添加の化粧品でスキンケアをして肌の持つ肌力・肌の自然な回復力をアップさせましょう。
参考:無添加化粧品 おすすめ